Eml2Imap

2013/11/25
作者の子道具箱へ戻る
SPモードメール(docomo Android) のバックアップファイル(eml形式、vmg形式)を IMAP4 経由で、Gmailへ送り込むアプリです
(同時にPCへのバックアップや 端末バックアップファイル(eml形式、vmg形式) の削除が可能)



お知らせ


必要な環境


特徴


アップデート情報

2.0.0 - 2013-11-25 - ベータ→正式版へ(バージョン変更なしです)
2.0.0 - 2013-09-24 - 2β(基本構成を変更=基本設定が再度必要です、簡易フィルタの搭載、スキップファイルの記録 - 最終アップロードファイルは引き継げます)

1.3.4 - 2013-07-29 - iモードメールから移行したメール(From や To が入っていない)への対応
1.3.3 - 2013-07-28 - Gmail連絡先情報利用時の RFC違反メールアドレス処理
1.3.2 - 2013-07-25 - 日本語を含むラベルへアップロード出来なくなっていたのを修正
1.3.1 - 2013-06-03 - FTPパッシブモード追加, Gmail連絡先情報の利用(β)
1.3.0 - 2013-02-21 - Windows8 対応
1.2.2 - 2011-09-26 - Wi-Fi(FTP)経由で、まちがったラベルへ付加してしまう事がある不具合を修正
1.2.1 - 2011-09-22 - Wi-Fi(FTP)経由での速度低下を修正
1.2.0 - 2011-09-09 - 元ファイルの PCへバックアップ + 削除を追加
1.0.2 - 2011-08-22 - Wi-Fi(FTP)経由(OnAir)でのメッセージ取得
0.9.1 - 2011-06-17 - vMessage(vmg) ファイルに対応

ダウンロード

eml2imap2.0.0.0.zip - ver. 2.0.0.0 - 2013/11/25 バージョン1系からの移行は、再度設定を行って下さい(最終アップロードファイルは引き継ぎます)
※ libeay32.dll と ssleay32.dll が必要です、詳しくは下記の利用方法から


利用方法

Eml2Imap のインストール
  1. eml2imap.zip を解凍して、中身を適当なフォルダへ保存します
  2. libeay32.dll と ssleay32.dll の取得
    http://indy.fulgan.com/SSL/から openssl-*.*.**-i386-win32-rev*.zip をダウンロード
    解凍して、libeay32.dll と ssleay32.dll を上のフォルダ(Eml2Imap.exeと同じフォルダ)へ置きます

    ※ Eml2Imap.exe が 32bit ですので、64bit版の Windows をお使いでも、i386 の方を利用して下さい

Gmail の設定
  1. IMAP4を有効にする
  2. 保存先に利用するラベルを作成 (送信メールへ付けるラベルを変更する場合は、そのラベルも)

Eml2Imap の設定
  1. Eml2Imap.exe を起動したら [設定]ボタンから、設定へ入る
  2. 「ホスト」タブで、Gmail の IMAP4 アカウントを設定します (アカウントの @gmail.com をお忘れ無く)
  3. 「保存先」タブで、Gmail のフォルダ(ラベル)を選択します(送信メールを分ける場合は、そちらも)
  4. 「emlファイル」タブで、emlファイルのある場所を指定

【捕捉】Eml2Imap の配置場所について
配置場所 特徴
Android-SD上のemlファイルを同じ場所へ、Eml2Imapを置く Androidを複数のPCへUSB接続して、アップするのに便利(フォルダ指定不要)
PCの任意フォルダへ、Eml2Imapを置く USB接続と、FTP(Wi-Fi)接続を使い分けられる
設定で指定フォルダが見つからない場合、FTP接続を試みるのが可能

FAQ

Google 2段階認証を利用している方 - 2013/08/05
アプリケーション固有パスワードを生成してご利用下さい

Gmail連絡先の反映 - 2013/06/03
Ver.1.3.1.0 で Gmailの連絡先を取得して、アドレスに付加するオプションを付けました
あまり試してないので、デフォルトでオフになってます

Windows8 への対応 - 2013/02/21
Windows8 へ対応しました。Android端末の都合で、FTP接続はチェックできてません(どなたかお試しを~)
eml2imap.exe の入れ替えだけで、OKのハズですが念のため Gmail のアカウント(アドレスとパスワード)を確認・再入力をお願いいたします

Eml2Imap のアンインストール


・Eml2Imap.exe
Eml2Imap.ini - 設定情報 : Eml2Imap.exe と同じ場所
Eml2Imap.lst - 最終アップファイル情報 : emlファイルの場所に作成されます
eml2imap.flt - フィルタ情報 : emlファイルの場所に作成されます(ver.2以降)
・libeay32.dll
・ssleay32.dll

を削除します (青文字のファイルは、実行後に生成されるファイルなので、存在しない場合があります)
レジストリは利用してません

eml と vmg のどっちでバックアップすればよい?
vmg を eml へ変換してから処理を行うので、携帯側のエクスポートは eml形式で行うのがよいです

Android ストレージへ配置して起動した場合に、設定の保存、終了に時間(数秒)がかかる
USB経由で、SDカードへ保存する場合に時間がかかるようです

同じメールをアップロードするとどうなりますか?
Message-ID が同じメールを Gmail へアップロードした場合、無視されるみたい
また、Gmailでラベルを付けたメールを削除して、同一のメール(Message-ID)を再度アップロードすると、過去に付けたラベルが適用されることがあるようです

Gmail へアップしてから、一覧へ表示されるまで時間(数秒)がかかるようです
Gmailの仕様みたいです

アップロードに時間がかかります
環境にもよりますが、IMAP4 は、たいてい動作が緩慢です

大量のメールをアップしていたら、途中から失敗します
Gmail の転送量(IMAP4)にご注意下さい

アップロード済み情報を初期化 or 変更したい
テキストエディタで、データフォルダ(emlファイルのある)の Eml2Imap.lst を削除 or 編集して下さい

Android端末へ Wi-Fi経由で接続するには
Android端末へFTPサーバアプリ OnAirESファイルエクスプローラ 等を入れて、Wi-Fiを有効にして、FTPサーバを起動
IP、ポート、アカウント、パスワードを Eml2Imap へ設定して下さい
(ESファイルエクスプローラは、パッシブモードもオンにしてください ver1.3.1.0以降)
Eml2Imapの設定から行う内容は、接続時に再度入力可能ですので、パスワードを空欄にしたり、IPを "192.168.1." まで入力したりとかOKです
◆ 処理中の端末スリープによる Wi-Fiオフにご注意下さい

インストーラーは付けないのですか?
誰もが使って「教えてクン」な質問をされたくない 他


作者の独り言

Webフォームから励ましのお言葉を頂いたりと、恐縮です - 2013年11月中旬

注意事項・その他